【HIV/AIDS】

●HIVって何?

HIVとは、エイズの原因となるウイルスのこと。

HIVに感染すると次第に抵抗力が弱まり、健康なときなら心配のないウイルス、細菌、カビなどの病原菌でも、いろいろな病気が起こるようになります。こういった状態をエイズ(AIDS)といいます。

だから、HIVの感染=エイズというわけではありません。

●HIVの初期症状は?

HIVに感染すると、感染後約2〜8週間後に発熱やリンパ節の腫れ等の「急性期症状」がでてくることがあります。

でも、この症状は風邪と似た症状なので区別することはまず不可能でしょう。

ですから、定期的に検査を受ける必要があるのです。

●HIV(エイズ)は薬で治るの?

現在の医学ではHIVをなくすことはできません。

抗HIV薬でエイズの発症を遅らせることができますので、早期発見・早期治療が大切です。

最近では、治療薬が効きにくい「耐性エイズウイルス(HIV)」による感染も増えています。

このウイルスは、薬治療を中断するなどした患者の体内で、薬への抵抗力を持つウイルスが増え、他の人に感染するものです。

従来のHIVウイルスに感染している人が、新たにこの耐性ウイルスに感染することもあるので、感染している人も予防する必要があります。

●アナルセックスのタチは安全?

ペニスは比較的弱い粘膜です。

コンドームなしてアナルセックスをした際に、相手の血液が自分のペニスの傷につくことなどによってタチ側にもHIV感染の可能性はあります。

また、A型肝炎やアメーバ赤痢などは、タチ・ウケに関係なく確率は一緒です。

●フェラチオは安全?
フェラチオでも口の粘膜から感染する可能性があります。
口の中で射精しなくても、先走り液の中には精液が含まれていますので、フェラチオのときでもコンドームを正しく使いましょう。

検査場案内

【STI情報へ戻る】